スズキ・ソリオの情報と評判まとめ

ソリオの詳細情報と評価

ソリオの歴史

スズキ・ソリオは、スズキ自動車の大ヒット作となった軽自動車ワゴンRの派生車種として誕生しました。ワゴンRのプラットフォームを拡大して設計されたリッターカークラスのトールワゴンです。
当初、名称は「ワゴンRワイド」、その後「ワゴンR+(プラス)」、「ワゴンRソリオ」を経て「ソリオ」として独立したモデル名となりました。
現行モデルのソリオは2010年に11年振りにモデルチェンジした3台目にあたるモデルです。(ただし「ソリオ」という名称では初代ともいえますが……)。

 

ソリオ 評価まとめ

 

ソリオのサイズとデザイン

ボディサイズは非常にコンパクト(背は高い)で、全長×全幅×全高3710×1629×1765mm、ホイールベース2450mmです。この寸法は全高をのぞくとトヨタで最も小さな「パッソ」よりも100mm長く、35mm狭いディメンションを持ったトールワゴンです。
非常に身長が高いのが特徴のエクステリアデザインは、腰高感が拭えないもののトヨタ・アルファードなどの大型ミニバン系にも通じる“押し出し感”が効いたデザインでまとめられています。フロントにはスケルトングリルとキラキラのヘッドランプユニットを配し、ここでも“押し出し感”を強調しています。
室内は背の高さを充分に活かした設計で4人の乗員には十分な空間を確保。リアシートと助手席のシートアレンジでさまざまに変化させ、ラゲッジと乗員の変化に対応します。
後席スライドドアは左右両側に備わり、上級グレードには両ドアとも電動スライド機構が装備されています。

 

ソリオのエンジンと燃費

搭載するパワーユニットは1.2リッター直4エンジンで、スズキVVT(可変バルブタイミング機構)を備えます。出力・トルクは91ps/12kg.m。トランスミッションは全車CVTとなります。駆動方式は全グレードでFFと4WDが選択できます。
燃費性能の高さもソリオの自慢で、アイドリングストップ機構が装備されたFF車で、JC08モード21.8km/リッターのカタログ値を得ています。「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」「平成27年度燃費基準」を達成、エコカー減税対象でグリーン税制に適合しています。

 

展開

三菱自動車から発売されている「デリカD:2」は、ソリオのOEM供給車です。
ソリオには特別装備を施したボディカラーが白と黒の2色でラインアップする「ソリオBLACK & WHITE U」と先鋭的なエクステリアデザインの派生車種「ソリオ・バンディッド」も加わっています。


ページ作成日:2013/05/10 11:15:10


カーネクストで無料査定!

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。