ムーヴの詳細情報と評価まとめ

ダイハツ・ムーヴの詳細情報まとめ

ムーヴの歴史

ダイハツ・ムーヴは1995年に発表されたトール・ワゴンです。その2年前にスズキが発売したワゴンRの大ヒットを受けて、2匹目のドジョウを狙ったモデルです。
現在発売されている新型ムーヴは2010年にリリースされた5代目で、型式LA100型と呼ばれているクルマです。

 

ムーヴ 詳細

 

ムーヴのデザイン

エクステリアデザインは初代の直線的で四角いデザインと一線を画しています。強くスラントしたボンネットから緩やかに弧を描くルーフラインに繋がり、強く傾斜したボディサイドのキャラクターラインがマッチした、なかなか綺麗なボディを作り上げています。

 

ムーヴの室内の様子

インテリアはベージュを基本カラーとして明るく開放的なデザインとされています。シフトレバーはインパネに配され、前席左右のウォークスルーが可能な設計となっているのは先代からの美点です。
快適装備・便利機能の充実もムーヴのポイントです。全車にヘッドランプ自動消灯システムを採用。一部グレードにはオートキーシステムに連動してドアミラーを自動で格納するオート格納ミラーが採用されました。また、上級グレードにはプッシュ式スイッチのオートエアコンが装備されています。リアシートは乗員空間と荷室とのバランスを変えることが出来る前後240mmのスライド機構が備わっています。

 

ムーヴのパワートレイン

搭載エンジンは先代からのキャリーオーバーですが、細部まで全面的に見直し、組み合わせるトランスミッションは全車CVTに統一し、変速制御領域の最適化を図っているということです。エンジンの出力・トルクは、52ps/6.1kg.m。
新型ムーヴには、カスタムというターボエンジン搭載モデルもあり、選択肢の多彩さは先代譲りといえるでしょう。

 

ムーヴの燃費

これと組み合わせるアイドリングストップ機構も刷新され、エンジン始動時間の大幅な短縮。エンジン停止中のナビやオーディオの電源として従来型が採用していた電気2層式キャパシタからアイドルストップ制御用のECU(マイコン)一体のDCコンバータに置き換え大幅なコストダウンと軽量化を図っています。これに、クルマが停止する少し前にエンジンを止める「エコアイドル機構」を組み合わせて省燃費に貢献していますいます。
それらを合わせて、今回のモデルはボディ構成する鋼板などをリニューアルし、先代に比べて35kgほどの軽量化に成功。FFモデルのJC08モード燃費は29km/リッターを実現しています。


ページ作成日:2013/05/07 19:19:07


カーネクストで無料査定!

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。