[9月3日発売]新型日産ノート

[9月3日発売]新型日産ノートの情報と値引き相場

日産・新型ノートの値引き相場は?

値引きはタイミングによりけりなのですが、10万円前後が一般的のようです。

 

新型が発売されて以降、人気に反映されて値引き額は抑えられています。
ただ、少しポイントをずらして考えてみると、
今乗っているクルマを高い値段で車を下取りに出せれば値引きされなくても安く購入することができます。
この方法で40万円安く新車を購入できました!
車 下取り

 

日産ノートってどんな車?

日産ノートはコンパクトサイズのハッチバック車でフィットやラクティスなどをライバルとしています。
低価格戦争が繰り広げられているコンパクトカー市場において
日産車同士でカニバリズムを起こしているという状態でしたが、
燃費や居住性といったコンパクトカーに求められる要素を一新させ魅力を向上させたモデルになっています。

 

他コンパクトカーとの比較

1.コストパフォーマンス
コンパクトカーにする重要な要素の一つである価格ですが、
中間モデルで140万円後半と他コンパクトカーと比べてコストパフォーマンスが高いのが特徴です。
競合車種となるフィットハイブリッドが160万円なので、この10万円差は大きいでしょう。
しかし新型が発売されてしばらくは高いままで値引きされないと予想されます。
直接車両価格を値引きできなくても他の方法があります。

 

2.燃費
先ほど競合車種としてフィットハイブリッドをあげましたが、新型ノートにはハイブリッドは搭載されていません。
しかし燃費悪化のイメージがあるターボの一種であるスーパーチャージャーをエコに使用し、
24.0km/Lの低燃費を実現させています。
フィットハイブリッドが26.4km/Lなのでハイブリッドなしで価格も抑えられて
ここまで低燃費を実現させているのはかなり魅力的です!

 

3.居住性
同じ日産のコンパクトカーで圧倒的な居住性を誇るティーダより小さいサイズながら、
居住スペースはティーダと同等のサイズとなっています。
後席の足元が広がり、日産の高級セダンであるティアナよりも広いスペースが確保されています。

 

ハイブリッド並の低燃費と高い居住性、そしてこれだけの高いコストパフォーマンスは
コンパクトカーの新しいスタンダードになると考えられます。
自信をもっておすすめできる一台です。


ページ作成日:2012/08/30 18:58:30


カーネクストで無料査定!

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。