新車を40万安く買うテクニック

ある手順を踏んだら、私は40万安く新車を手に入れました

 

え、ウソでしょ!?
と思う大きな価格差だと思いますが、知っている人は当たり前に使っているこのサービス。

http://www.zba.jp/car-kaitori/

 

実際に僕が10年落ち(走行10万)のカローラを売って新車を買った時の例を紹介しますね。

 

下取りアリ・無しのクルマ売却価格の比較


簡単なある手順を踏むだけで40万安く新車を購入できたんです。

 

そもそも、あなたが考えることは『今の愛車をどこに売るか』です。
今の愛車に最高額を提示してくれるのは、ディーラーか買取業者なのかは分かりません。
だから、ここをきちんと「比較」すること大事なんです!

 

ちなみに、私は10年落ち10万キロオーバーのポンコツカローラを45万円という
下取りでは考えられない高額で売ることができました。

 

まずは、あなたの愛車の「最高買取価格」を知ること!
買取業者最大10社で査定できるサービスを利用すれば、簡単で確実です。

 

私のカローラ買取価格の場合...

 


@で提示された買取業者の価格は、
これで手を打ちたくなるほど十分に魅力的かもしれません。
でも、ディーラーで下取りをしてもらった方が高く売れることもあるんです。

 

ディーラー下取りのポイントは『見積もりを2枚もらうこと!』
新車購入時の見積もりの際、ディーラーの営業マンに
「下取り車アリ」と「下取り車ナシ」の見積もりを下さい。 と言いましょう!
この2つの見積もり書を見比べ、あなたの愛車の下取り価格だけを確認します。
ちなみに、私の場合は カローラの下取り価格が5万円でした。。

 

@とAであなたの愛車の査定額が提示されたはずです。
そして、一番高く買い取ってくれる業者へクルマを売却すればいいんです!

 

私の場合、買取専門業者へ45万円で売却をしました。
ディーラーでの下取り額は5万円だったので、差し引き40万円もお得になりました。
無料で使えるので試す価値ありますよね?

今回、私が使ったサービスは、『ズバット車買取比較』という
上場企業のウェブクルーが運営しているクルマ買取専門サービスです。

 

一括査定で下取り価格を確認する(無料)

 

クルマ買取専門業者を使う3つのメリット

1.入力1分で最大10社に一括見積もりが出来るから手間がない
2.買取業者によって査定額が全然違うので、一番高い業者に売れてお得!
3.80万人以上の利用者と上場企業運営の安心感

 

これで『無料』です。
このようなサービスを知ってしまったのに使わないのって損ですよね。

 

 

45万円もの買い取り額が出る理由

ディーラーと買取業者とでは、これだけ大きな金額差が出ることが多いのですが、
それにはちゃんとした理由があります。

 

ディーラーは車を売って利益を上げる商売なので、
不良在庫となりえる車を積極的に買取たいとは思いません。
(10年落ちのカローラはさすがに売れにくいですもんね。。)

 

一方、買取業者は、買い取った額以上にその車が高く売れる市場を知っています。
それはアジア、中東、アフリカなどの発展途上国や新興国。

 

このエリアでは日本で廃車にされてしまう10年落ち10万キロオーバーのカローラが、
100万円以上で購入されているのが普通
です。

 

理由は、トヨタ車などの日本車は品質が良くて大人気であること、
もう一つは富裕層が沢山いるからニーズが高いのです。
富裕層にとっては貴重なJapanブランドのクルマが
100万円で手に入るなら安いってことなんでしょうね。

 

このように、買取業者は海外輸出が収益のメインであるため、
ディーラーと比べて40万円以上も高い値で買取しても損しない
仕組みなんです。

 

 

比較することで、より安く新車に乗り換えができるんです

私が車を乗り換えようとしたとき、安く買うための方法を検索していたら、
「下取り額を高くしてもらうための交渉術を磨け!」とか、
「下取りはダメ!買取業者に売る方が絶対にお得!」とかいう、
あらゆる方法論があふれていたんです。
きっと人それぞれ、自分が上手くいった方法を書いているんですよね。

 

結局どうすれば「絶対に一番安く買えるのか?」の私なりの答えが、今回紹介した3ステップ。
私の場合、たまたまディーラーより買取業者に売る方が40万円のお得でしたが、
あなたの愛車では、もしかしたらもっとお得感を味わっていただけるかもしれないですね!

 

一括査定で下取り価格を確認する(無料)